HOME グループ概要 グループ会社 お問い合わせ
日本連合警備株式会社
ヒューマンセキュリティ
巡回警備
巡回警備
イベント警備
交通誘導
輸送警備
現金精査
マシンセキュリティ
機械警備
映像監視
駐車場管理
保安業務
消防設備
ガス保安
設備点検
施設管理
ビル管理
清掃業務
保安業務
消防設備
消防活動における警備士の役割
 消防設備とは、消火設備、警報設備及び避難設備をいいます。警備士は、自衛消防隊が活動を開始するまで、あるいは公設消防隊が到着し、活動を始めるまでの間その実情に即した行動をとり、人命救助、初期消火、延焼阻止、消防隊の誘導等の活動を事態に即して最も効果的に行わなければなりません。しかし警備士の任務は、幅広く火災の防圧活動を展開することが本来の任務ではなく、原則として契約先において、契約に基ずく警備業務に従事しながらその活動の中で、火災の予防警戒の業務の遂行に当たるのがその任務である。
消防設備の保守・点検
 火災警報が発令になった場合等には、それらが発令されていない時以上に火災予防に注意しなければなりません。日常の消防用設備等の点検整備を怠らないことはいうまでもないことで、これらもまた、消防活動の原則の一つです。消防法では、一定規模以上の建築物は消防設備等を定期的に点検し、その結果を消防署長に報告する義務があり、定期的な点検・報告は消防設備士、消防設備点検資格者が行うこととされていますが、これらの対応も熟練の有資格者である警備士が、行います。
消防設備の種類
消火設備: 消火器具として泡消火器、強化液消火器、粉末消火器等の他消火栓設備、屋内・外消火栓設備、スプリンクラー設備。
警報設備: 自動火災報知設備、ガス漏れ火災警報設備、漏電火災警報器等。
避難設備: 避難器具として金属製避難はしご、垂直式救助袋、斜降式救助袋や誘導灯、誘導標識。
このページのトップへ
Copyright(C)2004 JSU Co.,Ltd. All right reserved.